ブログ

心屋仁之助さんとの出会い

このおじさん、何者??

こんなこと言って、大丈夫??

初めの出会いはこんな感じでした(笑)

ぢんさんとの初めの出会いはテレビでした。

「解決ナイナイアンサー」って番組。

「魔法の言葉」を言って、涙を流す芸能人の方たち…

この「魔法の言葉」を言わせてるのが

このおじさまでした(笑)

心屋仁之助さんと心屋ジェニーさんと松丸朱美
マスターコースでの一コマ ジェニーさんと♪

私は、すでにセラピスト(カラーセラピー・アロマトリートメント、ヒーリングなど)として独立していました。

人生相談などもたくさん受けていました。

オーラカラー診断とかセラピスト養成講座、ヒーラー養成講座とかで忙しくしてました。

テレビでぢんさんを観て、しばらくは何事もなく…

本屋さんに行くとぢんさんの本がかなり売れているみたいで、よく立ち読みしていました

はじめに手に取ったのは
光と影の法則

ふーんって、他人事だったのを覚えています

でも気になって気になって…

なんであんなに人気になったのだろう?

なんであんなにみんなが涙を流すのだろう?

どんなカウンセリング手法なんだろう?

と、セラピスト・カウンセラー目線で、意識していました。

本を読んでもわかんなかったから、

まずは初級セミナーにでも行こうと思ったのですが、もうすでにぢんさん本人はセミナーをしていませんでした。

で、ゆっちさんのところに行ったのが2014年の2月か3月

そのまま流れのまま5月にジェニーさんの上級ワークショップを受けに博多へ…

ジェニーさんに「マスターコース、おいで」

って、言われて…迷わず「はい、いきます」

そして、2014年7月からマスターコースに行ってました(笑)

Beトレ会員じゃなかったのよね、私。

でも運良く仲間に入れてもらえて、がっつり心屋のメソッドを7ヶ月間学びました。

始めはね。。。

「セラピスト・カウンセラーの私」で参加していたのです。

そう「他人事」の感覚。

講師もやってたから、講師目線。

ワークをたくさんしたけど、

「ふーん、こうやってやるんだ」とか

「なるほどね、このワーク使える」とか…

ゲスいよね…今思うと。。。

でも途中から違和感を感じた私。

「何かが違う…」

「私はこんなことのために来たんじゃない」

ジェニーさんとアシスタントさんに相談。

まだ「本当の私」を出せてなくて…

まだ「本音を言う」ができなくて…

まだ「いい人」演じてて…

マスター通ってるのにしんどくて…

で、みんなが羨ましくてたまらなかった。

「助けてって言っていいんだよ」

「あーちゃんのままでいいんだよ」

そんな言葉をもらって、ポロポロ泣いたのを思い出すなぁ

いい人してたし、一人で頑張ってたし、

苦しかったし、しんどかったし、

でもセラピストしてるから出せない…って思ってた。

「本当の私」じゃなくて、演じてた。

なんか「誰かの人生」を生きてた感じ。

少しずつ「本当はこう思っている」とか

「本当は私はこうなんだ」とか

感じることを意識して行動していきました。

少しずつ「本当の私」を思い出し、取り戻していった感じ。

2014年の夏に初めて生のぢんさんに出会ったのは、

初めて京都Beトレに参加した時かな〜

2015年1月にマスターコース卒業。

それからもジェニーさんのアシスタントを何度もやらせていただきました。

Beトレにも毎月京都まで行って参加してました。

マスター卒業して、すぐに
ぢんさんと初めてゴルフにも行ったなぁ〜

2016年10月に心屋認定講師になって…

心屋認定講師になった時の松丸朱美

心屋さんの京都セミナールームでも初級セミナーしたねっ

心屋仁之助さんのセミナールームで初級セミナー

1年間で100名以上の人にセミナーを受講していただきました。。。

2017年の2月にはぢんさんの日本武道館ライブ

心屋仁之助さんの武道館ライブにての松丸朱美あーちゃん

三重や松江、京都・東京・福岡などなど講演会に行ったなぁ

そして、2017年の年末に心屋認定講師卒業…

今に至る。。。

ここ数年、心屋さんに出会ってから、

私は私を取り戻した。

まだまだ…いい人しちゃうこともある。

でも「ワタシ」らしくあることを楽しんでる

「私」でいていいんだ。

「私らしく」生きていいんだ。

そんなことを教えてくれたのが心屋さん。

今の私は、心屋さんで学んだことが私のベースになっています。

そして、今からまた生まれ変わる。

「ワタシ」であることを表現していく。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

あーちゃんに会いに来てくださいね

関連記事

  1. 元心屋認定講師、メンタルエスコート、ライトアップカウンセラー松丸朱美

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP